›January 15, 2009

諸君。どうやら未来は薔薇色らしいぞ!

Posted by kyon at 23:26
Category: BOOK Comments: 0 TrackBacks: 0

最近、なんでもネットで買えちゃうので
あんまり本屋さんへも行っていなかったんだけど・・・

久しぶりにウロウロしてたら、
ちょっといいもの発見しましたわ♪これかぁ〜♪

あはは (-^〇^-) やっぱりちょっと不思議くん。
MBC(モリミ・バンブー・カンパニー)に就職したいです。

諸君。どうやら未来は薔薇色らしいぞ!

まぢで。。。

›August 19, 2008

エジプトの香り♪

Posted by kyon at 23:41
Category: BOOK , KUROPANDA LIFE Comments: 0 TrackBacks: 0
副葬品の金色の寝台、黒いファラオの木像、象嵌された色あざやかな木箱、アラバスターの壷、椅子、杖、分解された戦車の部品・・・・・。古代エジプトの傑作がところ狭しと並んでいた。

かすかに香るものがあった。三千年以上もの歳月を超えて彼らが最初に嗅ぐことになった香りである。

永遠のツタンカーメン-謎のファラオ」クリスチャン・ジャック

ナルド(ナルデ)は「スパイクナード」とも呼ばれるオミナエシ科の芳香植物で、芳香のある根茎をもち、薄茶色をした柔らかな細い根の房に覆われた根茎から精油が抽出されるそうです。

古代エジプトやヘブライ、ヒンドゥーでは宗教儀式や医療に重要な価値をもち、新約聖書には最後の晩餐の前にマグダラのマリアがナルド油をつけて、イエスの足を拭うというくだりがあるとのこと。

そして1922年。
ツタンカーメンの墳墓が開かれたときに香ったのがこのナルドの香りだったようです!

先日、たまたまこの香りを・・・くんくん。なんだか不思議な香りでした♪大地のような、木のような、すごぉ〜くなつかしい香り♪

私のエジプトコレクションに新たな一品が加わりました!ヽ(´▽`)/〜♪

4198611009永遠のツタンカーメン-謎のファラオ
Christian Jacq 山田 浩之
徳間書店 1999-11

by G-Tools

›April 26, 2008

キーワードは身体。

Posted by kyon at 23:53
Category: BOOK Comments: 0 TrackBacks: 0

先日、図書館へ調べものに行ったハズ、が、
気がついたら甲野善紀さんの本を読んでいました。
しかも背筋伸ばしてガン読って!2時間も〜!(汗;

庭のスズラン。もうすぐ咲きそう♪

続きを読む..."キーワードは身体。"

›April 24, 2008

古の武術に学ぶ。

Posted by kyon at 23:45
Category: BOOK , 太極拳 Comments: 0 TrackBacks: 0

このところ『太極拳』関係のキーワードな方が多く「はて?」と
思っていたのだけれど、(すみません、あまり役にたちそうに・・・)
NHK趣味悠々「太極拳でかっこいいカラダになれ!」
放送がはじまっていたんですねーーーっ♪わーい♪

ってことでさっそく見た♪ってより一緒にやる! (笑)

で、ですね。

こういう素敵な方たちを拝見するたびに...
どっしりしっかり地に足がついてるんだよなぁと...
ちょっとのことじゃ絶対ブレないっていうか...
柔軟で軽々と、でも、常に落ちついていて、堂々と...
と、いっつも思うんですわ...

そうか、そうか、そういうことなんだよなぁ...と (←意味不明?)

で、突然ですが、偶然(?)ですが、連休中に挑もうと思ってた本(& DVD) ↓ありゃ〜ん!(^◇^;) これはそれはシブすぎかしら〜ん? (←アホ!)

4901972154古の武術を知れば動きが変わるカラダが変わる-NHK人間講座『古の武術に学ぶ』の甲野善紀・34の技をDVD120分収録! (MC mook)
MCプレス 2004-03

by G-Tools

›March 04, 2008

ふらいぱんじいさん。

Posted by kyon at 23:58
Category: BOOK Comments: 0 TrackBacks: 0

はじめて買ってもらった絵本って覚えてますか?
なんだか急に思い出して探してみた。

4251006356ふらいぱんじいさん (日本の創作幼年童話 5)
神沢 利子
あかね書房 1969-01

by G-Tools

目玉焼きを焼けなくなったふらいぱんじいさんが旅に出るお話。
大好きで何度も何度も読んだ記憶がある。そうそう♪この絵♪

そして、姉が買ってもらったのは

4916016556ちびくろ・さんぼ
ヘレン・バンナーマン フランク・ドビアス 光吉 夏弥
瑞雲舎 2005-04-15

by G-Tools

トラがぐるぐるまわってバターになっちゃうとこだけ覚えてる!

そう、それで...

小太郎と花がコタツのまわりをグルグル走り回ってると
「バターになっちゃうぞ!」と怒るのですよ。今も。私。(笑)

いやぁー♪ なつかしいー♪

ドリトル先生シリーズとか、アラビアン・ナイトとかも読んだよなあ〜
小学校の図書館にタイムトリップしたいな。
置いておった位置とかも覚えてたりする ( ̄Λ ̄)ゞ んむっ

今も図書館にあるのかな。今度借りに行ってみよう♪

›December 28, 2007

冬休みに読みたい本。

Posted by kyon at 00:20
Category: BOOK Comments: 0 TrackBacks: 0

今年もあと4日。はやいなぁ。。。
カレンダーもつくったことだし ^^ェ^^

今年の反省...などは、ま、とりあえず置いといて。

冬休み♪夢のゴールデンひきこもり期間突入♪のために
読めないでいた本とか、読みたかった本を山積みにしてみました♪
お正月は本をいっぱい読みたいぞぉ〜っと!な_〆(。。) メモメモ

続きを読む..."冬休みに読みたい本。"

›December 05, 2007

有閑倶楽部♪

Posted by kyon at 00:07
Category: BOOK Comments: 0 TrackBacks: 0

登場人物は「聖プレジデント学園」に通う無敵な6人組。
剣菱悠理、松竹梅魅録、菊正宗清四郎、
白鹿野梨子、黄桜可憐、美童グランマニエ。

名前がお酒の銘柄だったりしてね。(-^〇^-)
これまたはちゃめちゃで大好きな大好きな漫画でした♪
ほんと、もお、なつかし〜♪

え?誰が好きかって?
そりゃ悠理でしょ。もちろん。(笑)

続きを読む..."有閑倶楽部♪"

›December 04, 2007

最近読んだ本。

Posted by kyon at 23:50
Category: BOOK Comments: 0 TrackBacks: 0

›October 05, 2007

スプートニクの恋人

Posted by kyon at 23:48
Category: BOOK , KUROPANDA LIFE Comments: 0 TrackBacks: 0

2007年10月4日。
人類初の人工衛星「スプートニク1号」の打ち上げから50周年になるそうです。

スプートニクといえば、村上春樹さんの小説「スプートニクの恋人」で、その名前と存在を知った訳ですが...

すみれが恋に落ちた「スプートニクの恋人」。

『すみれはその言葉の響きを愛した。それは彼女にライカ犬を思い出させた。宇宙の闇を音もなく横切っている人工衛星。小さな窓からのぞいている犬の一対の艶やかな黒い瞳。その無辺の宇宙的孤独の中に、犬はいったいなにを見ていたのだろう?』

4062096579スプートニクの恋人
村上 春樹
講談社 1999-04

by G-Tools
続きを読む..."スプートニクの恋人"

›September 18, 2007

夜は短し歩けよ乙女

Posted by kyon at 23:24
Category: BOOK Comments: 0 TrackBacks: 0

おともだちパンチとは?
『ふるいたくない鉄拳を敢えてふるわねばならぬ時』に、親指をほかの四本の指でくるみ込むように握り直してみる。『一転して自信なげな招き猫の手のような愛らしさを湛たえ』た拳。『固く握った拳には愛がないけれども、おともだちパンチには愛がある。愛に満ちたおともだちパンチを駆使して優雅に世を渡ってこそ、美しく調和のある人生が開けるのです』

4048737449夜は短し歩けよ乙女
森見 登美彦
角川書店 2006-11-29

by G-Tools

森見登美彦さんの 夜は短し歩けよ乙女 を読みました。

続きを読む..."夜は短し歩けよ乙女"